ヘルメットの作り方

はじめにお読みください。
P1000876-Edit-1.jpg
この度は長猫ヘルメットキットをお買い上げありがとうございます。
本説明書では作り方を写真つきで解説しております。

☆本キットはウレタンレジン製のガレージキットです。
製作には独特の技術が必要です。プラモデルとは若干異なります。ご注意ください。

☆表面に気泡や白斑があります。
長猫の手流しなため、どうしても細かな気泡が入ってしまいます。
また今回注型時の気温が低かったためか、すべての製品に迷彩状の白斑が見られます。
サーフェイサーを吹いて適宜手直ししてから塗装してください。

☆作業前によく洗ってください。
成型時の離型剤が表面に残っていると塗料が食いつきません。
歯ブラシと洗剤でよく洗ってください。頑固なので念入りすぎるくらいが良いです。

サーフェイサーで表面処理した後の塗装については一般的なプラモデルと同じです。
以下は塗装以外の部分、チンストラップ(あご紐)について解説していきます。

主に必要な道具
P1000839-2.jpg
・ニッパ
・先の細いラジオペンチ
・デザインナイフ
・つまようじ
・ボンド裁ほう上手
・木工用ボンド(オプション)

まずはバックルを作ります。
P1000841-3.jpg
付属の0.5mmメッキ線をラジオペンチで曲げて作ります。
幅はストラップに合わせて内側3mm〜4mmくらいです。

ニッパでカットして仕上げます。
P1000842-4.jpg
このときニッパの種類や向きで切断面が鋭利になることがあるのでご注意ください。
場合によってはリューターで削って丸くします。
半ヘルメットの場合は4つ、うち2つは若干大きめに作ってください。

ストラップを切断します。
P1000840-5.jpg
およそ6cmが3本、余った部分は後に使います。

小さな方の2つのバックルに通します。
P1000843-6.jpg
糸を使うと先がほつれず入りやすいです。

折り曲げて重なる部分を接着します。
P1000844-7.jpg
裁ほう上手ならアイロンで一気に接着することも可能ですが、白くなって失敗するケースが多々あります。
まずは自然乾燥させ、必要に応じて熱を加えたほうが結果は良いようです。

接着できました。
P1000846-8.jpg
下端から2cmより上はヘルメットの中に隠れます。

隠れる部分に裁ほう上手を塗り込みます。
P1000847-9.jpg
こうすることで切れ端がほつれないようになります。

乾いてバラけないのを確認したら、ヘルメットの溝に入れてみます。
P1000849-10.jpg
先っぽが接着できる程度に入ればOKですが、時々入りづらいことがあります。

その場合はデザインナイフなどで受け穴を掘ってください。
P1000853-11.jpg
刃先が折れることがあるので要注意です。

ストラップが溝に差し込めることを確認したら、長さを詰めていきます。
P1000850-12.jpg
外に出るのは約2cmです。この写真は2.5cmなのでもう少し切り詰める必要があります。
長さが調節できたらヘルメットとの接着部は準備OKです。

次に先ほどの余ったストラップより1.5cmの短いパーツを用意します。
P1000855-13.jpg
両端はほつれ防止に裁ほう上手を塗り込んでください。
大きいほうのバックルふたつと繋ぎ合わせていきます。

折り返して接着します。
P1000856-14.jpg
かなり細かい作業です。ゆっくり行ってください。

反対側は小さい方のバックルに繋ぎ合わせます。
P1000857-15.jpg
これで左側のチンストラップが完成です。

右側も仕上げていきます。
P1000851-16.jpg
6cmでカットした3本目のストラップの片側にほつれ防止処理をします。
こちらはヘルメットをかぶる際に抜き差しする側なので、念入りに行ってください。

乾いたら先を丸くカットし、約4cmに切断します。
P1000858-17.jpg
ほつれ防止処理をしてから小さいバックルと繋ぎ合わせて、右側のチンストラップも完成です。

参考に裁ほう上手での成功例と失敗例です。
P1000861-18.jpg
一番右が熱を加えすぎ、真ん中が付けすぎ。左が自然乾燥のち熱を軽く加えた成功例です。

両側のチンストラップをヘルメットに差し込んでみます。
P1000863-19.jpg
細かい長さ調整はドールとの現物合わせで行ってください。

ヘルメットとの接着には木工用ボンドも使えます。
P1000864-1.jpg
水に弱くあまり引っ張りすぎると抜けてしまいますが、逆に濡らせばやり直しが効きます。
はみ出しても湿らせた綿棒で拭えばよいので、長猫は木工用を使ってました。

塗装した制作例です。
P1000866-21.jpg
塗料はMr.カラー、ウレタンクリアで仕上げてます。

チンストラップは実物と同じ留め方です。
P1000867-22.jpg
半ヘルメットはプラバックルが一般的ですが、適当なサイズの製品が手に入らないためこうしてます。

バイピングにメッキシールを貼るとらしくなります。
P1000877-1.jpg
ABCのミラーシートが大きくておすすめです。
関連記事
2017-01-07(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


長猫おすすめコンテンツ
北海道ツーリング2013
北海道ツーリング2013夏 中部信越ツーリング2012
中部信越ツーリング2012夏 “小さなバイク屋さん”
小さなバイク屋さん営業中! “カスタムドール販売について”
カスタムドール販売について 2014 naganeko dolls
2014長猫ドール販売履歴 2013 naganeko dolls
2013長猫ドール販売履歴 2013 naganeko dolls
2012長猫ドール販売履歴 雪撮影会2013
冬の雪撮影会 in 長野 佐久島撮影会2012秋
佐久島撮影会2012秋 素体の改造。
素体改造記事まとめ HOWTO EYEPAINT
自分だけのカスタムドールを作ろう! Let's go outdoors!
初めての野外撮影
お人形動画作りました!
大きい画面で見るにはタイトルをクリックしてね!


どんな子がいるの?
☆猫さん☆
いちばんお子様。とにかく元気いっぱい! みんなと一緒に色んなことにチャレンジします。 だけどもう少し女の子らしくしなきゃいけないお年頃。

☆みずのん☆
猫さんのお姉さん。 行動的でバイクにも乗っちゃうけど、普段はちょっと天然。 あまり恥らわないのは猫さんそっくり。

☆すみのん☆
色白たれ目の一見おしとやかな女の子。 実際はかなり計算高くて・・・。 食べると太るのでいつもダイエット中。 年齢の話題は厳禁みたいです。

☆ゆっきー☆
黒髪でなにやら企み顔の女の子。 ものすごくマイペースで食いしん坊。 お菓子と布団が恋人。

☆たぁ坊☆
とても大人しい男の子。 いつもお姉さんたちに弄られてます。 女の子になりたいと密かに思っています。

☆ゴマおじさん☆
近所に住む元漁師のおじさん。 みんなに色んなことを教えてくれます。 自由が大好きでずっと独り身です。
長猫プロフィール

長靴を釣った猫

Author:長靴を釣った猫
21cm、ピュアニーモなど1/6カスタムドール中心に展開してます。お出かけ写真や室内寸劇、製作改造記事もあるよ!愛知県東三河に棲息してます。
詳しいプロフィールはこちら

☆ほかの出現場所☆
Twitter
flickr

長猫ショップの現在状況
16/4/26時点

カスタムヘッド:5/1より少数募集
カスタム素体: ヘッドのオプションとして販売予定
アフターサービス:受付中
ドール撮影サービス:終了しました

☆小さなバイク屋さん☆
営業中です。ご相談ください。
カテゴリー+過去記事リスト
 
長猫お客様画像コーナー
お客様からいただいた画像を掲載中です!みんなありがとう!
長猫宛メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事+コメント
FC2カウンター