ドールだってバイクに乗りたい!

ドールをバイクに乗せてみたい・・・
このシリーズではそんな夢を叶えるための情報を掲載していきたいと思ってます。
IMG_0954-006.jpg
今回長猫はドールのツーリング記事のためにミニチュアのバイクを用意しました。
1/6ドールなら1/6バイクに乗れるはず…最初はそう思ってました。
しかし実際にはバイクの種類やドールの身長、可動性など様々な問題があることが分かってきました。
それは時にかなり難しい問題で、どう解決するか随分と悩み続けることになってしまいました。

それでもなんとか問題を片づけ、実際にドールを乗せ外で撮影してみると…
想像以上に面白さや可能性があることが分かりました。
視点を下ろせばドールとバイクが現実世界に自然と溶け込んでいきます。
ツーリング、日常の演出、お洒落アイテム…工夫次第で色んな楽しみ方ができるはず!

しかしそれを実現するために、現状ではかなりの下調べとチャレンジが必要でした。
ドールをバイクに乗せるためのハードルを少しでも低くしたい。
そこで現在までに長猫が集めた情報を公開してくことにしました。
当面は断片的な記事になってしまうと思いますが、随時更新して充実させていくつもりです。


☆みずのんのバイクについて☆

まずはみずのんがツーリング記事で乗ってるバイクの紹介です。
P1120852.jpg
香港Newray(ニューレイ)社のVino(ビーノ)といいます。
ヤマハの2stビーノがモデルの1/6ミニチュアです。
けっこう古いもので、現在ではほぼ絶版になってます。
長猫は00年代初頭にトイザらスで買いました。
末期は投げ売り状態でしたが、オークションでは現在若干のプレ値になってしまってます。
(~5000円くらい)

P1120848.jpg
バイクの後ろに定規を立てました。サイズの参考にしてみてください。
改造してシート高を下げ、足つきをよくしてあります。

P1120849.jpg
荷台を追加したりナンバーをつけたりと多少改造してあります。
無改造の状態でも見た目はかなり良い方だと思います。
おもちゃ屋さんで売ってるだけあって、けっこう頑丈です。

ドールを乗せてみた感じ
P1120770.jpg
素直に足がついてますが、この状態になるまでが最初の大きな課題となります。

大きく分けて二つの課題があります。
ひとつめはシート高の問題。
無改造のビーノはシートが高すぎてピュアニーモM素体でも足が着きません。
そこでまずシートを下げます。
P1110038.jpg
改造できる余地はふたつ。
浮き上がったシート、そしてスイングユニットの取り付け部。
ここをうまいこと削っていきます。

シートはこちら
IMG_2810.jpg
当たる面をリューターで削っていきます。
かなり削り込む必要はありますが、簡単にシート高を下げられます。

スイングユニットはこちら
IMG_2808.jpg
シャーシとの当たり面を削って調整します。
こちらもリューターがあれば難しい作業ではありません。

この二点の改造でなんとか足が着くようになりました。
バイク側に必要な改造はここまでです。

ふたつめはライダーであるドールの素体の問題。
P1120762.jpg
左側がピュアニーモS素体、身長23.5cm、頑張っても足は着きません。
右側がピュアニーモM素体、身長25cm(靴あり)、つま先立ちだけど足が着きます。

バイクは1/6スケールなので、ふたりがもし等身大なら身長はそれぞれ141cm・150cmとなります。
本物のスクーターでは身長150cm未満だとつま先立ちになるケースが多いです。
141cmだとかなり頑張らないと乗れません。

また素材の問題もあります。
ミニチュアバイクのシートは硬く、ドールの素体も硬いです。
つまりおしりや太ももとシートが密着しないので、うまく乗らないと腰が浮いてしまいます。
可動性が悪いほど顕著に足つきが悪くなるのです。

みずのんのピュアニーモM素体は腕や股関節、腹部を可動改造したものです。
足が開くこと、猫背の姿勢にできることが乗せるにあたって重要なポイントです。
詳しくは後日解説していきますが、ネコニーモ+αの改造をしてあります。

ピュアニーモじゃなくオビツ素体を使えば可動性の問題は解決するかもしれません。
しかし前述の素材の硬さに加えて重量が軽く、意外と安定しなかったりします。


足つきには関係ないけど、ツーリング撮影にあたって以下の改造を施しました。

サイドスタンド
IMG_2773.jpg
野外撮影では強度が必要になってくるので、アルミ材で作りました。
ネジの部分は丸棒をハンマーで叩いて圧延し、リューターで削って加工してあります。
地面に接する部分は板材を貼り付けてありますが、接着剤だとあっけなく外れてしまいます。
芯材を打ち込んで再接着しましたが、本当はネジ止めかロウ付けくらいの強度が欲しいところです。

リアキャリア
IMG_2774.jpg
ツーリング用に大型のキャリアを取り付けました。
柔らかいアルミ針金で作ってあります。接合部分は芯材を打ち込んで接着。
すぐに形が崩れてしまいそうですが、サイズが小さいのでけっこう丈夫です。
メッキシルバーで塗装してウレタンクリアで仕上げました。
これもロウ付けしてバフ仕上げすればより本物に近くなると思いますが、長猫には無理でした(ヽ'ω`)

ナンバーとランプ
IMG_2777.jpg
ナンバープレートはタミヤの1/6キットから拝借しました。
文字はタトゥーシールにプリンタで印刷し貼り付けてあります。
テールライトにはミニマグライトの電球を仕込んであります。
下側は半透明の板を貼りナンバー灯としましたが、いまいち明るくないです。
ヘッドライトにも同様にライトが仕込んであります。
LEDだと青白い光になってしまうので電球がおすすめです。


以上改造にあたっていちばん心がけたのは、見た目よりも強度です。
野外撮影ではどんなに気をつけても擦れたり転倒することがあります。
接着と塗装部分をなるべく減らし、必要ならネジ止め、補強、クリアコーティングします。
見た目は写真にすると意外なほど誤魔化せます。
あまり拘らず割り切ったほうが楽です(*´∀`)


☆他の1/6バイクについて☆

1/6のミニチュアバイクは他にもたくさんあります。
ただドールが乗れるかどうかはケースバイケースです。
体格と車格が合わないとオモチャっぽく見えてしまいます。実車よりもシビアです。

現在いちばん入手しやすいのはタミヤの1/6バイクシリーズです。
プラモデルなので強度の問題が重大ですが、小さなバイクもリリースされてます。
コピー ~ 写真 2012-10-04 19 59 36
こちらはモンキー
実車はとても小さいのですが、ピュアニーモM素体には良い感じのサイズです。

乗車姿勢
写真 2012-10-04 21 41 53
前述の素体改造をしてありますが、ほんとにぴったりサイズです。

こちらは組立挫折したマグナ50
写真 2012-10-08 23 24 42 (1)
こちらもぴったりのサイズです。足はべったり着きます。
ちなみに挫折したのは調子に乗ってメッキを剥がしたせいです(ヽ'ω`)
メッキ調の塗装をしても触ればすぐ剥がれてしまうので困ってます。

サイドから
写真 2012-10-09 0 02 17 (1)
バランス的には250ccアメリカンといった感じ。
サイドバッグをつけたりすれば本格的なツーリング仕様にできそうです。
・・・なのですが、こちらは現在かなり手に入りにくくなってます。
絶版ではないのでいつか再生産があると思うけど・・・。

実車と同じで小さい排気量のバイクはドールにとっても乗りやすいです。
大型バイクで試したことはありませんが、ピュアニーモMが身長150cmと考えるとけっこう苦しいと思われます。
27cm素体でも身長162cmなので、スマートに乗せるにはそれなりにいじる必要があるでしょう。

長猫の手持ちは以上ですが、他にも乗せられそうなバイクがあります。
知ってる限りを並べていくと…

・タミヤ ダックス
最近再販した1/6プラモです。
モンキーに近い車格なので乗せるのは難しくないはず。

タミヤ ゴリラ
モンキーの姉妹車です。
シート幅が厚いのでモンキーより足つきが悪そう。

ニューレイ ベスパ(サイドカーつきを含む)
時々ドールショップでも取り扱いがある定番のスクーターです。
イタリアンなのでシートが高く、ダイキャスト製なので改造が大変かもしれません。

バービー ニューベスパ
正真正銘1/6ドール用のバイクです。
おもちゃっぽいですが、スタイルはいいので弄れば化けそう。
日本では販売数が少なかったようで手に入りにくいですが、ebayにはよく出てます。

まだまだ他にもあります。
随時紹介していく予定です。
関連記事
2012-10-27(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

拍手のお返事

ぜひやってみてください。
バイク仲間が増えるといいな(*´∀`)
2012-10-31 22:01 | 長靴を釣った猫 | URL   [ 編集 ]

拍手のお返事

>Kさん
実際乗せてみるとまず合わないですよねぇ。
でもよーくみるとちょっとした問題が積み重なってるだけだったり。
どうしてもバイクに乗せたかったのでギリギリまで粘りました(*´ー`)
素体の改造もキモなのです。バイク以外でもメリットいっぱい?
ご期待くださいませ!

>Kさん
ヘルメットの製作から含めると一年くらい準備してたかも。
小道具と生きた背景があるとドールがほんとにいい表情になります。
他にも乗れるバイクはあると思うのだけど、如何せん買って試さないと判断つかないのがネック。
バイク撮影はほんとに楽しいので、仲間が増えたら嬉しいな(*´ー`)
2012-10-30 00:07 | 長靴を釣った猫 | URL   [ 編集 ]

長猫おすすめコンテンツ
北海道ツーリング2013
北海道ツーリング2013夏 中部信越ツーリング2012
中部信越ツーリング2012夏 “小さなバイク屋さん”
小さなバイク屋さん営業中! “カスタムドール販売について”
カスタムドール販売について 2014 naganeko dolls
2014長猫ドール販売履歴 2013 naganeko dolls
2013長猫ドール販売履歴 2013 naganeko dolls
2012長猫ドール販売履歴 雪撮影会2013
冬の雪撮影会 in 長野 佐久島撮影会2012秋
佐久島撮影会2012秋 素体の改造。
素体改造記事まとめ HOWTO EYEPAINT
自分だけのカスタムドールを作ろう! Let's go outdoors!
初めての野外撮影
お人形動画作りました!
大きい画面で見るにはタイトルをクリックしてね!


どんな子がいるの?
☆猫さん☆
いちばんお子様。とにかく元気いっぱい! みんなと一緒に色んなことにチャレンジします。 だけどもう少し女の子らしくしなきゃいけないお年頃。

☆みずのん☆
猫さんのお姉さん。 行動的でバイクにも乗っちゃうけど、普段はちょっと天然。 あまり恥らわないのは猫さんそっくり。

☆すみのん☆
色白たれ目の一見おしとやかな女の子。 実際はかなり計算高くて・・・。 食べると太るのでいつもダイエット中。 年齢の話題は厳禁みたいです。

☆ゆっきー☆
黒髪でなにやら企み顔の女の子。 ものすごくマイペースで食いしん坊。 お菓子と布団が恋人。

☆たぁ坊☆
とても大人しい男の子。 いつもお姉さんたちに弄られてます。 女の子になりたいと密かに思っています。

☆ゴマおじさん☆
近所に住む元漁師のおじさん。 みんなに色んなことを教えてくれます。 自由が大好きでずっと独り身です。
長猫プロフィール

長靴を釣った猫

Author:長靴を釣った猫
21cm、ピュアニーモなど1/6カスタムドール中心に展開してます。お出かけ写真や室内寸劇、製作改造記事もあるよ!愛知県東三河に棲息してます。
詳しいプロフィールはこちら

☆ほかの出現場所☆
Twitter
flickr

長猫ショップの現在状況
16/4/26時点

カスタムヘッド:5/1より少数募集
カスタム素体: ヘッドのオプションとして販売予定
アフターサービス:受付中
ドール撮影サービス:終了しました

☆小さなバイク屋さん☆
営業中です。ご相談ください。
カテゴリー+過去記事リスト
 
長猫お客様画像コーナー
お客様からいただいた画像を掲載中です!みんなありがとう!
長猫宛メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事+コメント
FC2カウンター