アイペして自分だけの子を作ろう! 第四回・ペイント前編

いよいよペイント作業に入っていきます。
前回の記事はこちら

ペイント作業前編ではリキテックスと筆で下描きします。
前回の鉛筆と違い、これは本番の完全な下地になります。
修正の方法も解説していきます。

☆必要な道具
RIMG12409.jpg
・リキテックス各種
・タミヤアクリル溶剤(アルコール)
・面相筆(3/0)
・水皿
・パレット(綿棒のフタ)
・ねりけし

道具の詳しい解説は第一回・道具編をご覧ください。
�写真を撮ろう
前回までの作業で鉛筆の下描きは完成しました。
しかしその上からまんま塗っていくわけではありません。
鉛筆の色は濃すぎるので、まずは薄くする必要があります。

だけどその前に写真を撮りましょう。
RIMG12403.jpg
実際に素体にセットしてみました。
こうしてイメージを保存しておけば、もし失敗してもやり直すことが出来ます。


�下描きを薄くしよう
鉛筆の色を可能な限り薄くしていきます。
RIMG12414.jpg
下描きとして識別できる範囲で留めてください。
きれいさっぱり消してしまっては意味がありません。
前回で解説した、ねりけし・綿棒・うすめ液を駆使してください。
薄くなりすぎたらもう一度鉛筆でなぞってやります。


�リキテッキスで下描きしよう
実際にリキテックスを使って塗っていきます。
RIMG12419.jpg
まずは水を用意してください。

パレットに茶色を出します。
RIMG12420.jpg
量はほんのちょっとで十分です。

水を含ませた筆で延ばしていきます。
RIMG12422.jpg
長猫はかなーーーり薄めて使います。
どれくらい薄いかというと、絵の具というより色の付いた水って感じです。
なんでそうするのか、理由は後述。

ティッシュに余計な水分を吸わせます。
RIMG12423.jpg
薄さがわかるでしょうか?
絵の具のドロッとした感触は全くありません。ほとんど水です。

薄くなった鉛筆下描きの上に色を乗せていきます。
RIMG12425.jpg
文字通り筆で色を乗せていく感じで。
軽くなぞっては乾かして、何度も何度も色を重ねていきます。

もしリキテックスを薄めず濃いまま描くと、以下のデメリットがあります。
・修正するためには更に濃い色を重ねないといけない。
・塗膜が厚くなり凹凸ができやすい。
・濃い色は目立つため、筆跡の乱れが見えやすい。一発できれいに描く必要がある。
・結果的に仕上がりが良くない。濃すぎて目が浮いてしまう。

薄い色でじわじわ描くことには以下のメリットがあります。
・薄い色を何度も重ねていくので、修正が簡単。
・塗膜が薄いので凹凸が少なく見栄えが良い。耐久性も高い。
・一発で描く必要がない。何度もなぞりながら綺麗な形を出していくことができる。
・結果的に仕上がりが良い。目がヘッドに馴染む。

片目できました。
RIMG12428.jpg
筆に水分を含ませすぎないようにしてください。
ティッシュの上で3回ほど撫でるといい感じになります。
ヘッドに描いた時、水分でテカテカして乾きにくいなら含みすぎです。

もう片方の目も描いていきますが、ここでひとつ忘れ物
RIMG12430.jpg
これは単なる爪楊枝です。
先を削って尖らせてあります。

微妙な修正をしたいときにこれを使います。
RIMG12431.jpg
先っぽで色を削り落としてやるのです。
水を含ませてから軽くなぞれば色が剥がれてくれるでしょう。
ちょっと強めになぞれば鉛筆の下描きも落ちてくれます。

なぞっては乾かし修正する。
こんな作業を何度も繰り返していきます。
今回の下描きに関わらず、ペイント作業全てに言えることです。
鏡を用意し、目の位置やサイズのバランスをその都度確認してください。

とても面倒な作業に思えるかもしれません。
しかしこのやり方のほうが確実で仕上がりが良いです。
紙に描く絵だって、いきなり濃い色で塗ったりしないですよね?
じわじわ、ゆっくり描く方が結果的に上手く描けるはず。
それはアイペイントだって同じことなのです。

茶色の下描きができました。
RIMG12432.jpg
これに沿ってどんどん色を濃くしていけば良いわけです。
次回は本格的に塗っていきます。
関連記事
2010-12-15(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

やはりうす塗りは大事ですねぇ・・・。
私の場合ついつい完成をあせってしまって
色が濃くなってしまうんです。
いつも薄く薄く・・・と思うんですけどねー。
短気は禁物ですねぇ・・・。
2010-12-15 13:28 | AG | URL   [ 編集 ]

長猫も焦るほうなので、失敗したことは数知れずなのですよ。
時間をかけるとズレに気づいたり良いことずくめなのです。
今回は何日かけるぞ!って期間を決めるといいかも。
2010-12-15 19:22 | 長猫 | URL   [ 編集 ]

他の方の行程を拝見できる機会ってなかなかないので、毎回楽しみに拝見してます。
鉛筆を使うというのは盲点でした!
私自身はいきなりリキテックス派なので、下書きのライン描きがあらかた終わってからバランスがおかしく感じて全消し…ということも珍しくないですOTZ
いよいよ塗り行程ですね!完成レポ楽しみにしておりますv
2010-12-16 00:10 | 雪兎 | URL   [ 編集 ]

手の内をまんま公開するのはかなり恥ずかしいんですけどねぇ( ̄▽ ̄;)ゞ
長猫は下描きにかなり悩むので、全消しはものすごく痛いのですよ。
鉛筆はリセットが効くので、いちど描いてしまえば気が楽になります。
塗り行程は現在進行中です。明日には公開できるかな?
2010-12-16 22:54 | 長猫 | URL   [ 編集 ]

長猫おすすめコンテンツ
北海道ツーリング2013
北海道ツーリング2013夏 中部信越ツーリング2012
中部信越ツーリング2012夏 “小さなバイク屋さん”
小さなバイク屋さん営業中! “カスタムドール販売について”
カスタムドール販売について 2014 naganeko dolls
2014長猫ドール販売履歴 2013 naganeko dolls
2013長猫ドール販売履歴 2013 naganeko dolls
2012長猫ドール販売履歴 雪撮影会2013
冬の雪撮影会 in 長野 佐久島撮影会2012秋
佐久島撮影会2012秋 素体の改造。
素体改造記事まとめ HOWTO EYEPAINT
自分だけのカスタムドールを作ろう! Let's go outdoors!
初めての野外撮影
お人形動画作りました!
大きい画面で見るにはタイトルをクリックしてね!


どんな子がいるの?
☆猫さん☆
いちばんお子様。とにかく元気いっぱい! みんなと一緒に色んなことにチャレンジします。 だけどもう少し女の子らしくしなきゃいけないお年頃。

☆みずのん☆
猫さんのお姉さん。 行動的でバイクにも乗っちゃうけど、普段はちょっと天然。 あまり恥らわないのは猫さんそっくり。

☆すみのん☆
色白たれ目の一見おしとやかな女の子。 実際はかなり計算高くて・・・。 食べると太るのでいつもダイエット中。 年齢の話題は厳禁みたいです。

☆ゆっきー☆
黒髪でなにやら企み顔の女の子。 ものすごくマイペースで食いしん坊。 お菓子と布団が恋人。

☆たぁ坊☆
とても大人しい男の子。 いつもお姉さんたちに弄られてます。 女の子になりたいと密かに思っています。

☆ゴマおじさん☆
近所に住む元漁師のおじさん。 みんなに色んなことを教えてくれます。 自由が大好きでずっと独り身です。
長猫プロフィール

長靴を釣った猫

Author:長靴を釣った猫
21cm、ピュアニーモなど1/6カスタムドール中心に展開してます。お出かけ写真や室内寸劇、製作改造記事もあるよ!愛知県東三河に棲息してます。
詳しいプロフィールはこちら

☆ほかの出現場所☆
Twitter
flickr

長猫ショップの現在状況
16/4/26時点

カスタムヘッド:5/1より少数募集
カスタム素体: ヘッドのオプションとして販売予定
アフターサービス:受付中
ドール撮影サービス:終了しました

☆小さなバイク屋さん☆
営業中です。ご相談ください。
カテゴリー+過去記事リスト
 
長猫お客様画像コーナー
お客様からいただいた画像を掲載中です!みんなありがとう!
長猫宛メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事+コメント
FC2カウンター