アイペして自分だけの子を作ろう! 第二回・下描き前編

下描きき編最初の記事です。
前回の記事はこちら

まずキャラのイメージを練るところから始めていきます。
実は一番つまづくところなのです。

下描きの前には当然描くイメージを考えなければいけません。
絵が描ける人ならイラストを描いてみることでしょう。
絵が描けない人なら資料を集めて観察することでしょう。
いずれの場合も最初は二次元のイメージで考えるわけです。

ところが実際にそのイメージをヘッドに下書きすると・・・
きっとしっくりこないはずです。
細部まで忠実に描いたのに全然似ない。可愛くない。
そんな事が往々にして起こります。

なぜこんなことになってしまうのか?
それは一口には言えないのですが、結果的に言えるのは
『二次元と三次元では見え方が違う』
これが最大の理由です。

なんだ、てことは二次元キャラを再現するのは無理なの?
ここなのです。ここがまず最初の挫折ポイント!!!
せっかくイメージが膨らんでも似せられないなんて、やる気なくなっちゃうよね。
長猫もこの問題で随分悩みました。

ここでひとつ思い出してほしいことがあります。
それは市販のキャラドール・・・
元キャラに似てない子が多くありませんか?

プロだって難しいのですよ。元キャラに似せるのって。
だから忠実に似せるのはすっぱり諦めて!(≧◇≦)エーーー!

なんて言うと元も子も無いように聞こえちゃいますね。
大丈夫。再び市販ドールを思い出してください。
似てるかはビミョー、でもなんだか可愛い。そんな子っていませんか?

アイペイントで目指すべきはそこなのです。
『似せようと意識しすぎちゃダメ。最大の目的は可愛く仕上げること』
これを頭に叩き込んでおいてください。

さて、可愛く仕上げるのは分かったけど、実際にどうしたらいいのか?
これは本来長猫がとやかく言うものではありません。
描く人のセンスが最大限発揮される工程なのですから。

だけど・・・
これをやると失敗しちゃうぞ!作業が困難になるし、可愛く見えないぞ!
ってパターンがいくつか存在するのです。
長猫は長年経験して色々わかってきました。
今からそのパターンを紹介します。
これらを頭に入れて無駄に悩んでしまう時間を省いてください。

※このパターンでアイペしちゃダメだというわけではありません。
あくまで長猫の主観による意見です。ご了承ください。

※解説用に市販ドールや長猫の過去作、パーティーキャッスル作品が登場します。
パーティーキャッスルは3Dキャラ作成ソフトです。
ドールのアイペに共通する部分がたくさんあります。


1.寄り目
2.上過ぎ
3.白目多過ぎ
4.三白眼
5.ロンパリ

いずれも長猫がつまづいただ道です。
ひとつづつ解説していきます。

1.寄り目
文字通り目が顔の真ん中に寄ってしまうことです。
寄り目1
かなり変ですよね。
アイペ初めての人には特に多いパターンです。

二次絵が描ける人でもドールではこの罠にハマることがあります。
原因は正確にはわかりません。
しかし市販のよく出来たドールを観察すると
寄り目2
目が顔のサイドまで回り込んでるのが分かりますか?

初めての人はヘッドの平面的な部分、顔の真ん中に描いてしまいがち。
すると自動的に寄り過ぎるわけです。

長猫はむしろヒラメ顔になるよう意識しています。
そうすることで結果的に適切な位置へ描くことができるのです。


2.上過ぎ
文字通り目が顔の上の方へ寄ってしまうことです。
上過ぎ1
なんか間延びしてますよね。

人間は目の上下位置で対象の年齢を判断する傾向があります。
上についてると大人に見え、下についてると子供に見えます。
なので可愛い子を作りたいのなら目の位置はぐっと下げる必要があるのです。

市販のドールを観察してみると
上過ぎ3
面白いくらい下付きになってますね。

もっともこれは好みに左右される部分もあります。
上付きの目はダメだと言い切れるものではありません。
しかしキャラを可愛く見せる方法として、ぜひ覚えておいてください。
顔中心より下。これがポイントです。


3.白目多過ぎ
文字通り白目の部分が多すぎることです。
白目多過ぎ1
白目が多すぎる上に真っ白に塗りすぎて浮いてます。
ちなみに長猫の過去作です・・・( ̄~ ̄;) ウーン

白目は控えめに。
これはアイペイントの鉄則です。
白という色は目立ちます。周りから浮いて見えます。
なので白目を描く時は、なるべく浮かないように・・・つまり控えめに描くのです。

具体的に言うと、面積は小さく、色は真っ白でなく濁らせます。
白目多過ぎ2
市販ドールですが、白目小さいですよね?
黒目がちで大きな瞳は可愛さの代名詞でもあります。

極端な話、白目は無くたっていいのです。
漫画やアニメでも白目のないキャラがいませんか?
でもそれなりに見られるはず。白目の立場ってそんなもんです。
白目多過ぎ3
市販ドールとの比較。
長猫の子は白目とても薄いです。


4.三白眼
同人世界でよく言われる三白眼とはちょっと違います。
三白眼.
黒目の上が白いパターン。
ずいぶん昔の市販キャラドールですが、思いっきり目が浮いちゃってます。

これはアイペが上手な人なら陰影をつけて綺麗に仕上げられるかもしれません。
しかし初めての人がチャレンジすると、先に述べた『白目多過ぎ』になりがちです。
市販ドールの世界でもこのパターンは数少ないハズ。
それだけ表現が難しいのでしょう。

なので驚き顔を表現するなど特別な場合は除き、三白眼は避けましょう。
黒目は上まぶたにくっつけてしまうといいです。
三白眼2
その方がずっと楽に描けます。


5.ロンパリ
言葉の意味はロンドンパリ・・・
つまり左右の目がそれぞれ別の方向を向いてしまっている状態です。
ロンパリ1
ロンパってますね。

ドールの場合は外側に開いてしまうパターンが殆どです。
内側に寄る場合はさほど気にならない傾向があります。
なので描く時は黒目が外側に広がらないよう意識してください。

ところでこの写真、違うのは二箇所だけです。
ロンパリ2
瞳の内側のライン。
それだけでここまで違って見えます。

アイペに総じていえることですが、ホントにビミョーな世界です。
ちょっとしたカーブの違い、、太さ、位置関係・・・・
そんなことで大きく違って見えてきます。

逆の見方をすれば・・・
もし思い通りに描けなくても、ちょっとした修正でモノに出来てしまうかもしれない。
このビミョーさがアイペのえぐいところであり、面白さでもあります。
ぜひ時間をかけてじっくり取り組んでみてください。
自分が可愛いと思えるパターンを発見できるかもしれません。


以上5点についてお伝えしました。
自作品や市販ドールを引き合いに出すなど心苦しい解説でしたが、
それでもこれからアイペを始める上で必要なことと考え、思い切って公開した次第です。

繰り返しになりますが、このパターンが絶対ダメだと言うつもりは毛頭ありません。
あくまで長猫の主観による、初心者さんがつまづき易いパターンを列挙したに過ぎません。
なにとぞご了承くださいませ。

次回からようやく実際にヘッドへ下描きしていくよ!(≧◇≦)エーーー!
関連記事
2010-12-07(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント

>土司空さん
長猫も最初はデカールでした。
より目だったけど目が慣れちゃって、気づくのに随分時間がかかったものです。
やり直したくなるということは気づいているのです。
次回以降で述べますが、失敗してもやり直せるのがアイペなのです。
2010-12-10 13:18 | 長猫 | URL   [ 編集 ]

>thieriさん
今回は要点に絞って挙げました。
経験して覚えるのが一番ですが、知識としていれておけば失敗せずに済みます。
妥協は最終的には必要です。
しかし自分で可愛いな思えなきゃ描いた意味がない。
だから妥協しないのです。
2010-12-10 12:43 | 長猫 | URL   [ 編集 ]

勉強になります!
私は目はデカールにしたのですが最初は寄り目になってしまいました
やはり失敗を何度も繰り返してでも自分が良いと思えるアイペイントをしてみたいと思いました!
次回も期待してます。
2010-12-09 21:43 | 土司空 | URL   [ 編集 ]

いやぁ〜勉強になります。
そこまで考えて無かったなぁ〜と(w

ただホンのライン1本で全然変わるのは体験しました!
マジ微妙!妥協しない姿勢が大事なんですね。

さぁ〜次は鉛筆の謎ですね!
正座して待ってます。

2010-12-09 00:23 | thieri | URL   [ 編集 ]

>雪兎さん
やや(°∇°;) !!
カスタマーの方にコメントいただくのは初めてですよ!
しかもご覧になっていだだけてたとは!ありがとうございます!

今回の内容、実はけっこう悩んだのですよ。
長猫のような万年素人が偉そうに書いていいものか・・・。
でも参考にしていただけて光栄なのです。

目の高さズレは長猫もよくやりますよー。
最近描いた子もズレがあって、修正して鏡で見たら今度は逆にズレてたり。
描いてると目が慣れてきちゃうので、何が正しいのか分かんなくなってしまいます。
お願いだから誰か客観的にダメ出ししてーー!!てな感じで( ̄▽ ̄;) ヌオー

でも実は市販ドールも鏡で見たらズレてるんですよね。
それでも気にする人は殆どいない。
てことはズレには許容されるズレとそうでないズレがあって・・・・
なんて考えるともうわけわからーーーん!(≧◇≦)エーーー!

てか虹彩綺麗に描いてらっしゃいますね(°∇°) !!
長猫は色塗りがほんと下手くそで、透明感がぜんぜん出せないのです。
いつか機会があればご教授いただきたく・・・(ぇ

1/6カスタムの世界は近年全く元気が無いので(苦笑)、
ぜひ一緒に盛り上げていきましょう!!!
2010-12-08 19:41 | 長猫 | URL   [ 編集 ]

>じゅういちさん

>「二次元に描くのと三次元に描くのは別モノ」は定説(?)だったのですね。
ドールは顔に合わせて目を描く。
二次絵は目に合わせて顔を描く。
この違いが相当大きいのだと思います。
予め決まった枠に自分の絵を展開しなきゃいけない。
これはとても一発で描けるようなものじゃなく、まさにトライ&エラーの世界です。

>でも見つけた時の感動はハンパないですよ〜。
>まさに「これで勝つる!」の心境ですw
そこで鉛筆下描きなのですよ!!
次回解説しますが、鉛筆なら多少色塗りに失敗してもやり直せるのです。
これだと思う下描きを消さずに済むのです。
2010-12-08 18:49 | 長猫 | URL   [ 編集 ]

はじめまして、1/6ドール同盟で拝見して以来、よくこっそりとお邪魔させていただいてました!野外でのドールさんたちの生き生きとした姿が素敵です♪

今回の記事、非常に参考になります!私自身もカスタムをしているとよく上で挙げられているようなミスをやらかしがちなので、改めて明快に説明していただけると、とてもわかりやすいです。
ちなみに管理人の恥をさらしますと、初期時にはよく目の高さがずれて(これも一種のロンパリですね)真正面から直視できないというのと、目の高さが上すぎor下すぎて変というのが一番多かったです。初期と書きましたがもしかしたら今でも…かなorz
特に1/6はちょっとしたズレが致命的となりかねませんものね。
それがまたカスタムの楽しさでもあるのですが(^^;)

最近集中力が必要な1/6カスタムはしてませんでしたが、長猫さまの記事のおかげで、またやる気が出てきたような気がしますv
2010-12-08 01:20 | 雪兎 | URL   [ 編集 ]

「二次元に描くのと三次元に描くのは別モノ」は定説(?)だったのですね。
自分の腕がへなちょこなせいだと思ってました…w

結局、下書き段階で妥協する事なくトライ&エラーを繰り返して「これだ!」と思う所を見つけるしかないんでしょうね。
でも見つけた時の感動はハンパないですよ〜。
まさに「これで勝つる!」の心境ですw
2010-12-07 23:33 | じゅういち | URL   [ 編集 ]

Re: 寄り目

> 『こんなに目の間空いてるか?』ってくらい目を離したほうが意外とうまく行ったり…。
まさにその通りなのです。
かなり思い切って離さないといけないのですよね。

> その代わり、『真っ白』ではなく、白目の上の部分は影を入れる感じで薄いグレーで仕上げたり…。
フィギュア的な方法ですね。
それでうまくできればいいのですが、ドールにはモールドが一切無いので浮いて見えやすい傾向があります。

> でも先述の『寄り目の雨』は、描いた後、どうしてもこの顔じゃ好きになれないだろうなぁ…と思って描き直したので、やはり『どうしても無理!!』ってのなら描き直すべきかな…。
そこです。
そこが愛なのです!!!
愛が故に妥協しない。
そうやって描かれた子はもう徹底的に愛せるはず。
市販の子では味わえない無上の愛がそこにあるんだよ。。。←陶酔中ww
2010-12-07 23:28 | 長猫 | URL   [ 編集 ]

寄り目

私が最初に作ってひっかかったのが『寄り目』ですね。
『雨』を一番最初描いた時、寄り目になってしまったので、全部消しました。

『こんなに目の間空いてるか?』ってくらい目を離したほうが意外とうまく行ったり…。

ちなみに私は白目はそれなりに描く方ですね。
その代わり、『真っ白』ではなく、白目の上の部分は影を入れる感じで薄いグレーで仕上げたり…。

…まあ、一生懸命作れば、愛着が沸いてきますよね。
でも先述の『寄り目の雨』は、描いた後、どうしてもこの顔じゃ好きになれないだろうなぁ…と思って描き直したので、やはり『どうしても無理!!』ってのなら描き直すべきかな…。

消すときは結構度胸いりますけどね。
2010-12-07 20:34 | shin | URL   [ 編集 ]

長猫おすすめコンテンツ
北海道ツーリング2013
北海道ツーリング2013夏 中部信越ツーリング2012
中部信越ツーリング2012夏 “小さなバイク屋さん”
小さなバイク屋さん営業中! “カスタムドール販売について”
カスタムドール販売について 2014 naganeko dolls
2014長猫ドール販売履歴 2013 naganeko dolls
2013長猫ドール販売履歴 2013 naganeko dolls
2012長猫ドール販売履歴 雪撮影会2013
冬の雪撮影会 in 長野 佐久島撮影会2012秋
佐久島撮影会2012秋 素体の改造。
素体改造記事まとめ HOWTO EYEPAINT
自分だけのカスタムドールを作ろう! Let's go outdoors!
初めての野外撮影
お人形動画作りました!
大きい画面で見るにはタイトルをクリックしてね!


どんな子がいるの?
☆猫さん☆
いちばんお子様。とにかく元気いっぱい! みんなと一緒に色んなことにチャレンジします。 だけどもう少し女の子らしくしなきゃいけないお年頃。

☆みずのん☆
猫さんのお姉さん。 行動的でバイクにも乗っちゃうけど、普段はちょっと天然。 あまり恥らわないのは猫さんそっくり。

☆すみのん☆
色白たれ目の一見おしとやかな女の子。 実際はかなり計算高くて・・・。 食べると太るのでいつもダイエット中。 年齢の話題は厳禁みたいです。

☆ゆっきー☆
黒髪でなにやら企み顔の女の子。 ものすごくマイペースで食いしん坊。 お菓子と布団が恋人。

☆たぁ坊☆
とても大人しい男の子。 いつもお姉さんたちに弄られてます。 女の子になりたいと密かに思っています。

☆ゴマおじさん☆
近所に住む元漁師のおじさん。 みんなに色んなことを教えてくれます。 自由が大好きでずっと独り身です。
長猫プロフィール

長靴を釣った猫

Author:長靴を釣った猫
21cm、ピュアニーモなど1/6カスタムドール中心に展開してます。お出かけ写真や室内寸劇、製作改造記事もあるよ!愛知県東三河に棲息してます。
詳しいプロフィールはこちら

☆ほかの出現場所☆
Twitter
flickr

長猫ショップの現在状況
16/4/26時点

カスタムヘッド:5/1より少数募集
カスタム素体: ヘッドのオプションとして販売予定
アフターサービス:受付中
ドール撮影サービス:終了しました

☆小さなバイク屋さん☆
営業中です。ご相談ください。
カテゴリー+過去記事リスト
 
長猫お客様画像コーナー
お客様からいただいた画像を掲載中です!みんなありがとう!
長猫宛メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事+コメント
FC2カウンター