アイペして自分だけの子を作ろう! 第一回・道具編

ドールをやってるといつか挑戦したくなるのがアイペイント。

お気にのキャラをドール化したい!
自分だけのオリジナルの子を作りたい!

しかし小さなヘッドに目を描く作業はなかなか大変です。
最初はきっと色んな失敗を繰り返し、何度も挫折してしまうことでしょう。
想像するだけで嫌になっちゃうかもしれません。

そんなアイペイントのハードルを何とかして下げたい!
てことで万年素人アイペインターの長猫が分かり易く?解説していきます。

※うすめ液に関して重大な訂正があります!ご注意ください!

●長猫の略歴
お人形暦10年目(≧◇≦)エーーー!
アイペしたのは25体くらい。しかしここ数年は一切手をつけず。
最近になって久々に手を出しなんとか1体完成させる。
特に上手いということは全くない万年素人。
「楽して萌えたい」が口ぐせ。

記事は連載形式です。
年内には完成まで持っていけるはず・・・?


それではスタート!
☆用意する道具や材料

1.ヘッド
2.リキテックス
3.筆
4.シンナー(汚れ落とし)
5.鉛筆と消しゴム
6.綿棒
7.パレット、水皿、つまようじ
8.ハサミ
9.台座(お湯パーマ用)

以上が必要です。
細かくは以下で解説していきます。

1.ヘッド
市販の無彩色植毛ヘッドを用意しましょう。
RIMG12021.jpg
・写真右が植毛済みのオビツ21-01ヘッド。\1,050
口がないので自由に描くことが出来ます。
・写真左は植毛してないヘッド。\420
初めてアイペにチャレンジするなら、まずこういったヘッドで練習するとよいです。

植毛ヘッドを選ぶ時は注意が必要です。
ロットにより植毛の分け目が左右に偏っていることがあります。
また肌が気泡ぶくぶくで荒れていることが多々あります。
特に肌荒れに関しては描きやすさに直結するので注意が必要です。
購入する場合はなるべく店頭で目を凝らし確認して選んだ方が懸命です。
ちなみに長猫が今回描くヘッドは確認を怠ったので気泡だらけ!
でも勿体無いから使っちゃうよ。


2.リキテックス
アクリル絵の具の一種です。
水彩絵の具と同じように水で溶いて使えますが、
『乾いたら水に溶けない』という性質があります。
これを利用すればアイペイントがとても楽になるのです。
RIMG12008.jpg
・左が画材店やアゾンのお店で売ってるリキテックス。一本数百円程度です。
・右がボークスで売ってた小さなリキテックス。セットで千円程度。

アイペイントだけに使うならボークスのセット品が安くてオススメです。
親指サイズの小さなボトルですが、それでも数十体は塗ることができます。
ただし写真の商品はだいぶ前に廃番になってしまいました。
今は『造形村アクリルカラー』として販売されているようです。
中身がリキテックスなのか不明ですが、同じように使えると思います。

単品で買うなら写真左のカラー
・黒 ・白 ・茶色(いずれも不透明)
は最低限用意してください。アイラインや白目を描くときに多用します。
チーク用に赤やオレンジ、瞳にはお好きな色をどうぞ。

※アクリラガッシュなどソフビに浸透してしまうアクリル絵の具が存在します!
リキテックスはドールの世界では実績のあるアクリル絵の具です。
長猫は過去9年ほど使ってますが、ひどく浸透した経験は皆無です。

3.筆
とても細くて小さな面相筆というものを使います。
RIMG12019.jpg
下から3/0,10/0,100/0(号数)です。

数字が大きいほど細くなります。
RIMG12015.jpg
こんなに小さいです。
右の2本は使い古したため毛羽立ってます。

筆は描きやすさに直結するので選ぶ必要があります。
とても小さな目を描くことになるので、毛先が細く短めな筆が有利です。
しかしあまりに細すぎると毛先がフニャフニャ曲がってしまい使いづらいです。
RIMG12016.jpg
長猫的には真ん中、10/0がバランスが良くてオススメです。模型店で\600
しかし3/0でも慣れれば十分に描けます。100/0は毛先が弱くて全然ダメ。
ちなみに下の3/0はアゾンのお店で売ってました。\300

今回はちょっと太めの3/0を使って描いていきます。

4.うすめ液(汚れ落とし)
汚れ落とし用です。
鉛筆の下描きをふき取ったり、ヘッドの油分を除去できます。

うすめ液にも種類があります。
RIMG12024.jpg
・右はタミヤのアクリル溶剤。模型店で数百円。
殆どアルコールに近い成分で、ヘッドの素材を侵さずに汚れを落とすことが出来ます。
余計な場所についた色はこれで落とせます。

・左はアサヒペン・ラッカー薄め液。ホムセンの定番品で数百円程度。
こちらはかなり強力で、ソフビヘッドの殆どの汚れを落とすことが出来ます。
鉛筆で下描きをすると消しゴムや模型用シンナーではなかなか落ちませんが、
これを使えば一発です。
ただし微妙ではありますが表面を侵します。
しかしVカラー薄め液のようにツヤツヤになるほど強くはありません。
見た目にはほとんど侵さないと言っていいと思います。

Vカラー>>>アサヒペンラッカー≧ソフビを侵す>Mrツールクリーナー>Mrカラー薄め液>タミヤアクリル溶剤
※新バージョンの『Mrツールクリーナー"改"』はソフビを侵します!ご注意ください!
それぞれの強さはこんな感じです。


5.鉛筆と消しゴム
RIMG12020.jpg
ヘッドへの下描きに使います。
Bの鉛筆が描きやすいです。高級鉛筆だとさらに描きやすいよ。
下はねりけしの成れの果て。普通の消しゴムでもいいけど大量に消しカスがでます。

シャーペンは避けたほうが懸命です。
細すぎてソフビヘッドに傷をつける可能性があります。
どうしても使うならなるべく柔らかい芯を使いましょう。


6.綿棒
RIMG12013.jpg
先のとがった化粧用の綿棒です。
余計な色をふき取ったり、汚れを落とすのに使います。


7.パレット、水皿、つまようじ
RIMG12023.jpg
絵の具を採るパレットは綿棒の入れ物のふたを流用しています。
水皿は小皿なら何でもOK。
つまようじは細かい修正作業に使います。

8.ハサミ
RIMG12022.jpg
髪をカットするのに使います。
眉毛用の小さなハサミです。

9.台座(お湯パーマ用)
お湯パーマとは髪に熱湯をかけてクセを直す作業です。
RIMG12025.jpg
木の板と棒でこのような台を作っておくと作業が楽になります。
先っぽにヘッドを刺して上からお湯をかけます。
詳しくは仕上げ作業の段階で説明します。


必要な材料と道具は以上です。
あとは身の回りの物で何とかなるでしょう。

次回からは実際に鉛筆で下描き作業をしていくよ!
関連記事
2010-12-04(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

とても参考になります。アイペはうちもいつかやってみたいなと思っていました。
2010-12-04 15:40 | かつら | URL   [ 編集 ]

今回は引っかかりそうな所を徹底的に潰していけるような記事にしたいと思ってます。
長くなりますがぜひ最後までご覧ください(´ー`)
2010-12-04 17:47 | 長猫 | URL   [ 編集 ]

ほほ〜ぅ、
こう見ると道具だけは全部揃ってるなぁ…
って、アイペしようとして挫折したままの自分がいます。
この記事をきっかけにオリジナルっ仔が創れるかも!
ご教授よろしくお願いしまーす。
2010-12-04 18:23 | あしぶく | URL   [ 編集 ]

どこで挫折しちゃいましたか?
次回は下書き編ですが、これをクリアすれば半分は完成したと言っても過言ではありません。
それくらい下書きって重要なのですよ。
モチベーションを下げない工夫もしていきますので、ぜひ一緒にチャレンジしてください!
2010-12-04 20:55 | 長猫 | URL   [ 編集 ]

わかりやすい説明と写真つきで、すごく勉強になります!
なるほど、こういう道具を使うのですねφ(..)フムフム
カスタムされる方ってどんな道具を使われているのかな?と前々から疑問だったのですが、解消されました(^〜^)。

続きも楽しみ?にしています♪
2010-12-05 13:46 | ゆう。 | URL   [ 編集 ]

ほほう…

私は下書きはめっちゃ薄めたアクリルガッシュでやりますね。
下書きの目のバランスが一番難しいんですよね。
そこさえクリアすれば後は!!

ちなみに木の板と棒で作ったドールヘッドの台、私は『中身がなくなった塗料のビン』のフタに穴を開けて、割り箸を突き刺して作りましたよ。
意外と使えますw
2010-12-05 14:20 | shin | URL   [ 編集 ]

お久しぶりです。
アイペ工程を拝見するのは勉強になるし、楽しみです。
テクニックを色々盗ませてくださいませw

それにしても瑞乃お姉さん、10年選手だったとは驚きです。
少しも古臭さや経年劣化の感じがないので。大事になさって来られたんですね。
そんな「長寿」の秘訣もいつか伺えればなあと思います。
2010-12-05 17:41 | 拾壱(じゅういち) | URL   [ 編集 ]

アイペイントは難しそうってことで避けてました。
参考にさせていただいて私もアイペイントに挑戦しようかなって思います。
次回楽しみにしてます!
2010-12-05 19:03 | 土司空 | URL   [ 編集 ]

>ゆうさん
特殊な道具って必要ないでしょ?
この道具を一式そろえちゃうとイラストや小物作りにも使えます。
コストもそれほどかかりません。
次回は鉛筆下書きに徹底的にこだわりますよ!

>shinさん
鉛筆描きするのはイメージを掴むためです。
初めてだと下描き段階が相当な時間を占めると思います。
ビンのお湯パ台はいいアイデアですねぇ。

>拾壱さん
たいそうなテクニックは何も無いのですよ(≧◇≦)エーーー!
瑞乃さんは実は5年前にアイペしなおしてるのです。
だけどヘッド自体は昔からずっと同じ。
髪色変わったり鼻が黄色かったり実際はけっこう劣化してたり。
でも致命的な劣化って無いです。ドールって意外と丈夫なんだよ!

>土司空さん
決して簡単ではない作業です。
しかし要点さえ掴めばきっと最後まで描き上げられるはず。
ご期待くださいませ(´ー`)b
2010-12-05 21:15 | 長猫 | URL   [ 編集 ]

まってました!
アクリラガッシュで被害を受けたうちの子達の修復の参考にしようと思います。
道具を見て私があまりにも道具を持ってないことに気づき…(´・ω・`)ショボーン
連載楽しみにしてます〜♪
2010-12-06 17:49 | AG | URL   [ 編集 ]

ガッシュの件は大変でしたねぇ・・・。
リキテックスならそういうことは殆ど無いはずです。
道具は専用のものはひとつもないので、積極的に代用してみてください。
この連載が一助になることを願ってます。
2010-12-07 00:09 | 長猫 | URL   [ 編集 ]

ふっふっふ。
この連載を待ってましたよ!!

いつも行き当たりバッタリな自分のアイペ・・・・
ココでお勉強させていただきましょう!!

道具はウチに有る物と一緒なので問題無し。
違うのは・・・・下書き無しでイキナリ塗っちゃうって事かなwww

先生・・・アイペが・・・したいです(ちゃんとした)


2010-12-07 00:20 | thieri | URL   [ 編集 ]

長猫は下描きを徹底して行います。
実際に描くことでイメージを決めていく大事な作業なのです。
下描きを完成させることでモチベーションが高まる効果もあります。
鉛筆で描く意味は次回で明らかにします。
鉛筆でなければいけない理由があるのです。
2010-12-07 19:34 | 長猫 | URL   [ 編集 ]

はじめまして~、前からちょくちょく訪問させていただいています^^
ピュアニーモSの男の子化の記事も参考にさせていただきましたv-10

お人形暦10年(!)の長猫さんに、アイペやオビツヘッドの経年劣化について長猫さんが知る限りで教えていただきたいのですが・・・(´・ω・)

・・・・ある個人的にとても特別なアイペヘッドを、なるべく長く可愛がりたいのです(゚´ω`゚)
2012-01-11 01:08 | QP | URL   [ 編集 ]

うーんほんとに経験則でしか言えないのだけど。。。

リキテックスは殆ど劣化しないです。
元々屋外アート用の絵の具だから傷さえ付けなければ相当持つはず。
塗料の中には柔軟性に欠けひび割れやすいものがあります。
厚塗りしてある場合は要注意。ヘッドをぐにゃっと変形させるとバリバリひび割れるかもしれません。

ソフビヘッドも劣化はしにくいけど、五年十年と経てば若干黄変していきます。
ただ恐らく目立つのは鼻先のみです。他は新品ヘッドと比較しないと分からない。
また油が抜けてだんだん硬くなっていきます。

植毛ヘアはだんだん色が抜けていきます。
とはいえこれも比較しないとわかりません。彩度が抜けてむしろ髪らしい色になります。

むしろ問題は劣化より汚れです。
ヘッドはどんどん汚れが蓄積していきます。特に触れやすいあご周り。
ほっておくと汚れがこびりついて黒ずんできます。
シンナーウォッシュで落ちるけど製作者じゃないとかなり困難です。
何も描いてないように見えて実はチークやシャドーがうっすら入ってることがあります。

長猫の子は1~3ヶ月に一度はシャンプーしてます。顔は中性洗剤で優しく。
それでも汚れは蓄積していくので、なるべく汚さないようにべたべた触れないことが肝心。

以上長猫が知るかぎりのことを書きました。
塗材や描き方によっても扱いは異なるので、本当は製作者に問い合わせたほうがいいです。
アイペの技術があるなら取り扱いにも長けてるはず。

市販ヘッドもカスタムヘッドも『汚さない、傷つけない』ことで驚くほど長持ちしますよ。
2012-01-14 11:07 | 長靴を釣った猫 | URL   [ 編集 ]

Thanks for Tutorial

Thank you for showing some tutorials. I thought the eyes maybe were stickers. I hope I can make Dutch sister of Nekosan!
I have spent a lot of money on my BJD 1:3 still, maybe end of year or next year!
(初音ミク japanese letters)
2016-03-05 08:14 | Tiriaq | URL   [ 編集 ]

Re: Thanks for Tutorial

どういたしまして
You are welcome :)
Painting eyes may be not easy. I wish you try patiently.
2016-03-09 20:24 | 長靴を釣った猫 | URL   [ 編集 ]

長猫おすすめコンテンツ
北海道ツーリング2013
北海道ツーリング2013夏 中部信越ツーリング2012
中部信越ツーリング2012夏 “小さなバイク屋さん”
小さなバイク屋さん営業中! “カスタムドール販売について”
カスタムドール販売について 2014 naganeko dolls
2014長猫ドール販売履歴 2013 naganeko dolls
2013長猫ドール販売履歴 2013 naganeko dolls
2012長猫ドール販売履歴 雪撮影会2013
冬の雪撮影会 in 長野 佐久島撮影会2012秋
佐久島撮影会2012秋 素体の改造。
素体改造記事まとめ HOWTO EYEPAINT
自分だけのカスタムドールを作ろう! Let's go outdoors!
初めての野外撮影
お人形動画作りました!
大きい画面で見るにはタイトルをクリックしてね!


どんな子がいるの?
☆猫さん☆
いちばんお子様。とにかく元気いっぱい! みんなと一緒に色んなことにチャレンジします。 だけどもう少し女の子らしくしなきゃいけないお年頃。

☆みずのん☆
猫さんのお姉さん。 行動的でバイクにも乗っちゃうけど、普段はちょっと天然。 あまり恥らわないのは猫さんそっくり。

☆すみのん☆
色白たれ目の一見おしとやかな女の子。 実際はかなり計算高くて・・・。 食べると太るのでいつもダイエット中。 年齢の話題は厳禁みたいです。

☆ゆっきー☆
黒髪でなにやら企み顔の女の子。 ものすごくマイペースで食いしん坊。 お菓子と布団が恋人。

☆たぁ坊☆
とても大人しい男の子。 いつもお姉さんたちに弄られてます。 女の子になりたいと密かに思っています。

☆ゴマおじさん☆
近所に住む元漁師のおじさん。 みんなに色んなことを教えてくれます。 自由が大好きでずっと独り身です。
長猫プロフィール

長靴を釣った猫

Author:長靴を釣った猫
21cm、ピュアニーモなど1/6カスタムドール中心に展開してます。お出かけ写真や室内寸劇、製作改造記事もあるよ!愛知県東三河に棲息してます。
詳しいプロフィールはこちら

☆ほかの出現場所☆
Twitter
flickr

長猫ショップの現在状況
16/4/26時点

カスタムヘッド:5/1より少数募集
カスタム素体: ヘッドのオプションとして販売予定
アフターサービス:受付中
ドール撮影サービス:終了しました

☆小さなバイク屋さん☆
営業中です。ご相談ください。
カテゴリー+過去記事リスト
 
長猫お客様画像コーナー
お客様からいただいた画像を掲載中です!みんなありがとう!
長猫宛メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事+コメント
FC2カウンター